好きなことをやめるチャレンジ!

新年に決めたこと

新年おめでとうございます!(だいぶ遅い…平成最後の年も早6日目ですm(_ _)m)
もうすでに日常モードの方が多いことでしょうが、「今年こそ〇〇する」と年頭に誓った方はもう何か始めてますか?
かくいう私はどんな一年にするのかぐずぐずと迷っていました。
なんとなく方向性は見えるものの、ぴったりくる感じはなく、かといって去年と同じでもいけないし…というところで、まだ足踏み状態です。
(新年だからすぐ動かなければならないという理由だけで動くのもちょっと違う気がします)
そんな中、昨夜直感的にあることを決めました。
「好きなことをしばらくやめてみよう!」と。
そう、しばらく、です。
何をやめるって?
そこはいずれまた報告します。
私が無意識でやっていることで、好きなこと。
やめると、もしかしたら禁断症状がでてくるかもしれないことです。
で、今日はその1日目。
今までのところの感想をいえば、時間の使い方にちょっと戸惑っています。
気を抜くとつい意識が引っ張られます。
それに気づいては「とにかくやめると決めたよね」と自分にツッコむ…その繰り返し。
結果、かなり時間が余ります。
例えばゲームが大好きな人がゲームをしないと決めたと想像してください。
スマホのゲームに興じていた時間が、意外にも一日の時間のかなりを占めていたことに気づくはずです。
そういえば昔ちょっとだけ断食をしたことを思い出しました。
あの時食事の時間がなくなっただけで一日が妙にヒマに感じられ、時間を持て余していました。
当たり前ですが、一日24時間はすべての人に平等なリソース(資源)です。
他のリソース、環境、能力、性格などは、人それぞれ与えられているものが違います。
時間だけは平等です。
当たり前すぎて、「だから何?」ぐらいの感じです。
でも、ちょっとした時間の使い方が変わったら、いろんなことが変わるんじゃないでしょうか?
とはいえ、「どの時間も密度の濃いものにしよう」なんてとても頑張れません。
相当ツラそうです。
残念ながら私たちは何らかの意味を感じるか、単純に楽しいかでないとほとんど続けられません。
というわけで「とりあえずちょっとしたところから時間の使い方を見直してみよう!」というのが今回のチャレンジ。
しばらく遠ざかってみたら、なぜそれが好きなのか、どう付き合うのかいいのかが見えてくるのかなぁと期待しています。
また、いずれこの場で報告させていただきます。
みなさんは「この際ちょっとやめてみようかな」なんて思うことはありませんか?

では、今年一年がみなさまにとって実り多い年になりますようお祈りしております。

(2019年1月6日 岩田)

関連記事

ページ上部へ戻る