「太陽」と「強み」をイメージにした時間

初めての、レターアート・ワークショップ挑戦!

今年の2月からスタートした、セミナーですが、定員が6名ということで、スタッフは見守り隊のお役目でした。
今回初めて受講者として参加が許されました。
と言いつつ、本音は「絵を描くことは大の苦手!」
定員いっぱいを、これ幸いと逃れていたのですが、いよいよ時が来たようです。
覚悟を決めて、上手に格好良く描こうという思いを脱ぎ捨てての初参加!

今回のテーマは『太陽』

初めに、講師の野村さんより、「敢えて画材を制限して、筆を使わず、手を使って自分のエネルギーを込める。
制限がチャレンジになれば…」との説明がなされました。
「自分の中にある強み、エネルギーに焦点を当てることで、どんな絵が生まれてくるのか…?」
今日は折しも、高校野球の開会式。
「夏。燃え盛る太陽。熱気」
外側のエネルギーをいっぱいに感じながら、それぞれの内側に意識を向けるひと時。

まずは、このワークショップの大事な準備の時間。
絵に向かう前に、心の整理をします。
今回は『私の強み』を、5つの分野に分けて探っていきました。
〇自分の好きなところ
〇人に自慢したいところ
〇人にほめられたところ
〇人に感謝されること
〇「今、最もパワーを与えたい!」と想像する人を思い浮かべる時…
更には、〇自分でコンプレックスだと思っているところから、強みを見出すと…
これらを記入した後で、これらに共通するキーワード、言葉を選び出し、具体的な「絵」にするために、イメージを深めたり、広げたり…。
「四季で、音楽で、国で、花で……」
「色であらわすと?形であらわすと?一言であらわすと?」

空白になって気づいたこと

これらの個人作業の時間。
私はなかなか作業が進まず、頭の中は、ずっと空白が流れていました。
カウンセリングなどで、相手の方には、「あなたの好きなところは?」「長所は?」「大事にしていることは何ですか?」などと、沢山の質問を投げかけてきているのに、いざ自分に目を向けると、何と表現の難しいことか。
ああ、自分に対して、意識をしてこなかったんだなあと、思い知らされました。
人の良いところ、強みは見つけやすいけれど、講師からも「自分を知るため、発見のステップになれば…」と言われ、まさに、大切な気づきの時間をいただきました。
そして下書きもそこそこに、本番の葉書きに取り掛かることになりました。
「今、自分が感じることを、素直に表現する。具体的な固まりにする必要もないし、思うままに…」と言うアドバイスに背中を押されて、自分の強み、パワーを絵にしていきました。
私は、原色を駆使して、抽象的に表現することで、絵の下手さを隠す…、まさに護り、防御の自己表現でした。
そのくせ、自分の強み――好きなところには、「柔軟性があるところ」と記入しているのですから、自分でも笑ってしまいました。
これからも挑戦を繰り返しながら、自分の殻を破っていきたいと思いました。
日頃、自分の頭の中の焦点がどこに向いているのかを再発見する、良い機会になりました。
今の自分が、「そうなんだ」という事を見つめ、気づいた時間でした。
講師の最後の言葉:『どの人にも太陽はあるし、影の部分もある』

次回10月28日は、9月のお月見から連想して、テーマは丸(〇)。
自分自身のいろんな面に〇をする時間にするそうです。
⇒フリーハンドでの〇もOKですが、良ければ、コンパスをご持参ください。
皆様のご参加をお待ちしています!

(8月5日 若杉)

関連記事

ページ上部へ戻る