インナーチャイルドカードと対話の会

2019年2月3日 開催!

すっかり恒例になったこの企画。
これまで人数が多く、聴きたいことが十分聴けなかったり、みなさんとの対話の時間が少なくなったことがありました。
今回は、午前・午後2回に分けて開催し、各回の定員が5名となりましたので、ぜいたくに時間を使うことができます。
節分は新たな年のスタートの節目。
元旦に決意したことがうやむやになっている時期かもしれません。
楽しい場ですので、お気軽にご参加ください。

インナーチャイルドカードとは

インナーチャイルドカードは、1993年、アメリカのイーシャ・ラーナーによってつくられ、78枚のカードで構成されています。
モチーフは心理学のアーキタイプ(元型)に基づき、「赤ずきん」「シンデレラ」「ピノキオ」などというお話がメタファ(隠喩)として作用し、無意識の中にあるものを呼び起こす働きがあります。

進め方

まずは、テーブルの上に裏向きに並べられたカードの中で気にかかったものを1枚選び、引いていきます。
同じカードを複数の人が選ぶこともありますが、それでもOKです。

innerchildcards3そして、それぞれ引いたカードを眺めます。
小さなカードの中にも風景や人、動物などが存在しています。
そこから浮かぶイメージやキーワードを確認します。

大事なことは、最初からカードの意味を教えてもらわないという点です。
同じものを見ても人によってとらえ方はさまざまです。
答えを教えてもらおうというのではなく、自分が何をどうとらえたのかを大切にし、そこから自分の無意識に気づくようにすることです。

その後、全員が、自分のカードのイメージをシェアしていきます。
質問に答えるように話していくと、自分の状態を確認したり、無意識の声に気づいたりすることができます。

また、聴いている人は、「そこに注目するんだ!」といった驚きを感じ、つくづく人と自分の見方が違うことに気づかされます。

その後、各カードに込められた固有のイメージについて簡単な説明を聴き、自分のイメージとのすり合わせをすることができます。

本当は何を願い、どこに向かおうとしているのか…
現在地はどこなのか…
遊び感覚で探ってみませんか?

開催情報

■日時:2019年2月3日(日)
午前の部 10:00~12:45
午後の部   14:00~16:45

■場所:JR住吉駅下車 徒歩1分

■参加費:4,000円(温かい飲み物をご用意します)

■進行:樫本洋子

お申込みフォーム

こちらに入力の上、ご送信ください。
一両日中にご連絡いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡のつきやすいお電話番号(必須)
  

お申込み時間帯をお選びください。
午前(10:00~12:45)午後(14:00~16:45)

連絡事項があればお書きください。同伴者がいる場合はお名前をご記入ください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る