コーチング/カウンセリング

コーチングとカウンセリングの違い

コーチングもカウンセリングも原則として1対1の対話によって成り立ちます。
時間を区切ったその場のことをセッションとよびます。

セッションを受ける人は、クライアントと呼ばれますが、カウンセリングの場合はクライエントと呼ばれることが多いです。
どちらも同じ英語ですが、日本語にする際の表記が違うのは面白いですね。
コーチングもカウンセリングも、主に話をするのは、セッションを受ける側です。

話を聴く人は、コーチングではコーチ、カウンセリングではカウンセラーと呼ばれます。
スポーツのコーチは、指導し、指示する人というイメージがついていますが、対話の方のコーチは、相手に指示をしたり、助言するということは
ほとんどありません。(提案という形で示すことはあります)

コーチングは、一般的にはクライアントの願望・目標を達成できるようサポートすることが目的です。
行動を促し、未来の目標に向かって試行錯誤するプロセスを共有することになります。

カウンセリングは、悩み、ストレスを抱えているクライエントの心の重荷を取り除き、気持ちを整理してもらうためのものです。

当講座のセッションの特徴

当講座では、コーチングもカウンセリングも、「目標を達成したい」「鬱々とした気分から抜け出したい」などの願望をじっくりと聴きますが、その願望を一歩掘り下げるセッションを提供しています。
意識に上っている願望と、無意識下の願望とは時に反対の方向を向いているからです。
無意識にあるものを理解せず、行動だけを変えたとしても、また同じことが巡ってくるということはよくあります。
本当に自分を変えたいと思った時には、無意識のシステムを知る必要があるのです。

当講座のコーチ、カウンセラー共に深く人間を理解するためのトレーニングを積んでいます。

ご希望の方は、対面またはスカイプなどを使ってのセッションをいつでも思い立った時に予約して受けることができます。

コーチングについてのページはこちら

カウンセリングについてのページはこちら

お問い合わせは、お気軽にお問合せページからどうぞ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ページ上部へ戻る