初めてのスマホ

スマホデビュー!

長い間携帯はガラケーで、通話とメールには何の不自由もなく過ごしていました。
最近、頻繁に迷惑メールや不審な情報が届くようになりました。
今までにも何度かありましたが、あまり気にもとめずにいました。
無視し続けていると、まるで見透かしたかのように、段々エスカレートして来て、脅迫まがいの文面になって来ました。
早くにメルアドを替えようと思案していたところ、誕生日を機に、夫がスマホをプレゼントすると言ってくれて…!!
とうとうスマホデビューの時がやって来ました。

慣れ親しんだ携帯への愛着とスマホへの戸惑い

7月6日にすべてが整い、本体に初めて触れる感動…というより、戸惑いの方が強くて…。
今まで慣れ親しんだガラ系の携帯が愛おしくてなかなか手放せません。
携帯としての機能は果たせないので、せめて 目覚ましとメモ帳として、これからも活用したいと思います。
さて、スマホ。
使いこなすと「こんな便利なものはない」と、皆さんおっしゃいます。
「スマホに替えたので、急な電話の取り方が分からない~」と言っていた友人を思い出し、意味が分かりませんでしたが、今は、さもありなんと、納得ができます。
本当に便利で、欲しい情報がすぐに取り出せて、世界中の人たちと瞬間につながることができる―ー。
災害時にも、ラインのやりとりで、安否確認ができたとか。
ハードルは高いとは知っていましたが、どこかでもっと簡単に使いこなせるもの…と我が身を過信していました。

いざ手にしてみると、まったく得体の知れない物体。
夫の指導の下、電源のON、OFFから学び、電話の掛け方、受け方からの学びです。
まずは、連絡先の名簿を、本体に移す作業を。
それだけでも、私にとっては、至難の業、まるで全身格闘技です。
いつになったら、スマホが仲良しのお友達になってくれるのか…と。

自分の在り方が問われている?

私たち人間は、とてつもない才能を秘め、「小宇宙」と呼ばれ、すべての要素を備えている素晴らしい存在と言われています。
が、その宝を意のままに使いこなせていません。
過小評価することも過大評価することもなく、理解して、少しでも活用できるようになるには、やはり目的意識が重要なのだと。
ここにも自分の生き方、存在の在り方が問われてくるんだなあと、スマホに困惑しながらも、新しい挑戦をする意味を痛感しています。
それにしても、電車の中ではほとんどの人がスマホを手にして、思い思いに活用しています。
今の私には、まるで魔術師か天才としか思えませんが…。
スマホから、いろいろな学びや気づきをもらいながら、恐れず、嫌気を出さず、コツコツと努力をし続けて行きたいと思います。
メルアドの変更等で、ご迷惑を掛けている皆様、もうしばらく、温かい目で見守ってくださいませ。

(2018年7月8日 若杉)

関連記事

ページ上部へ戻る