インナーチャイルドカードの会

今年も開催します!(1月28日)

恒例となったインナーチャイルドカードの会。
ご要望にお応えし、今年も開催いたします!

インナーチャイルドカードは、1993年、アメリカのイーシャ・ラーナーによってつくられました。
78枚のカードのモチーフは心理学のアーキタイプ(元型)に基づく、「赤ずきん」「シンデレラ」「ピノキオ」などのお話。
これらがメタファ(隠喩)として作用し、無意識の中にあるものを呼び起こす働きがあるといわれます。

進め方のイメージ

まずは、テーブルの上に裏向きに並べられたカードの中で気にかかったものを1枚選び、引いていきます。
自分の引いたカードを眺め、そこから浮かぶイメージやキーワードをメモします。
同じカードを複数の人が選ぶこともあり、興味深いのですが、同じものを見ても人によってとらえ方はさまざまです。
カードそれぞれに意味はありますが、答えを教えてもらおうというのではなく、自分が何をどうとらえたのかを大切にし、そこから自分の無意識に気づくようにすることが大切です。

その後、全員が、自分のカードのイメージをシェアしていきます。
質問に答えるように話していくと、自分の状態を確認したり、無意識の声に気づいたりすることができます。
その後、各カードに込められた固有のイメージについて簡単な説明を聴き、自分のイメージとのすり合わせをすることができます。

開催日は1月も終わりに近い頃ですが、すでにスタートしているからこそ、感じられることもあるかもしれません。
また、四柱推命などでは2月の節分を新年ととらえますので、その意味では新しい年への準備といったことにもなります。
本当は何を願い、どこに向かおうとしているのか…
自分に問いかけながら言葉にしたことを自分の耳で聴くというのは、コーチングと通じるものがあります。
話しながら思わぬ発見をすることもありますよ。
その上で新しい年をどう過ごすのかを決めていただく時間になればと願っています。
遊び感覚で探ってみませんか?

開催情報

■日時:2018年1月28日(日)13:30~16:00
(人数によっては少し延長する可能性があります)
■場所:神戸市勤労会館 307号室
■参加費:4,000円(温かい飲み物をご用意します)
■進行:樫本洋子

お申込みフォーム

こちらに入力の上、ご送信ください。
一両日中にご連絡いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご連絡のつきやすいお電話番号
  

連絡事項があればお書きください。同伴者がいる場合はお名前をご記入ください

 

関連記事

ページ上部へ戻る