ヒーローズジャーニーについての講演会(8月3日新大阪)

深層部に隠された人間の生き方のモデル

ヒーローズジャーニーは、アメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルが提唱した人類に共通の生き方のモデル。
ハリウッド映画にも大きな影響を与えているということはかなり多くの人に知られています。

河合隼雄先生の本の中にも、アメリカでキャンベル氏とワークショップを開催したことがあるというエピソードが綴られていました。
世界の神話を研究した神話学者といっても、博学多識でスポーツも出来、話も大変に上手だったといいます。
テレビでビル・モイヤーズという人と対談し、書籍化された『神話の力』はベストセラーになりましたが、アメリカ人がそこまで神話に関心をもったというのも、よほど話す力があったということだと、河合先生は記されています。

キャンベルは「神話は荒唐無稽なものではなく、深い意味があり、現代に生きることに大いに意味がある」のだと言っています。

ヒーローズジャーニーのステップは以下の8つ。
1.Calling(天命)
2.Commitment(旅の始まり)
3.Threshold(境界線)
4.Guardians(メンター)
5.Demon(悪魔)
6.Transformation(変容)
7.Complete the task(課題完了)
8.Return home(故郷へ帰る)

確かに『ロード・オブ・ザ・リング』や『スターウォーズ』などは、ヒーローズジャーニーそのものの物語です。
一方でそれが、私たちひとりひとりの人生ともリンクする何かがあるからこそ、共感し、勇気づけられるのではないでしょうか。

人生というものを考える時に、このモデルを知ることは大変意味のあることだと思います。

2時間で学べるヒーローズジャーニーとコーチング

身近な出来事とヒーローズジャーニーのモデルをどう結びつけるのか、そのヒントになる講演会が開催されます。
講師は、山崎啓支(やまさきひろし)さん。
山崎さんのお話はいつも心の深いところに刻み込まれるような感じがします。
今回は時間も短く、しかも格安!
お時間が合えば、ぜひ一度直接聴いていただきたいと思います。

以下、アートオブコーチングサイトから内容を転載します。

私達の仕事や職場では、「仕事における壁を感じる出来事」「経営上の困難な意思決定」「逃げられない人間関係」といった一見、解決することが難しく思える出来事が毎日のように起こってきます。

では、なぜ望んでもいないのにこのような出来事が起きるのでしょうか?

それは、こういった困難な出来事を乗り越えて、ヒーローズジャーニーを生きることが、私達一人一人を進化させ、大きく変容させることが人間の深層部にプログラミングされているからなのです。

ヒーローズジャーニーを知ることで、こういったビジネスのあらゆる困難や障害、逆境に見える場面に潜む、深い意味・意義が明らかになります。

本講演では、「ヒーローズジャーニーに気づくための有効な手段としてのビジネスコーチング」と「ヒーローズジャーニーを効果的に生きるためのコーチの存在意義」について、時間の限りお話しします。

テーマ:ヒーローズジャーニーとビジネスコーチング

講師:山崎啓支

日時:東京→7月25日(火曜日)
大阪→8月3日(木曜日)

会場:東京 両国→国際ファッションセンタービル
大阪→新大阪丸ビル別館

時間:19時~21時

定員:40名

価格:4000円(本付き)
3000円(本無し)
※4000円(本付き)は、講演会参加費に「コーチングハンドブック」山崎啓支著書(本体3024円・税込)が1冊ついての特別価格です。
なお、本が不要な方は、通常価格の3000円となります。

なお、本講演はアートオブコーチングの設立記念イベントの一環として行われ、他の講演等も開催されます。

ご興味がある方は、ぜひ下のページをご覧ください。
お申し込みも、直接下のサイトからどうぞ。
http://www.art-of-coaching.jp/anniversary/

私も席に余裕があれば、ぜひ参加させていただきたいと思っています。

他のイベントもお勧めですよ!

(2017年7月22日 岩田)

関連記事

ページ上部へ戻る